user

ブログやサイト、店舗のホームページの閲覧数を増やしたい!

閲覧数を増やす方法の1つに、ネット上の見込み客が集まっている場所から集客する方法があります。

 

今回は、なぜ見込客が集まっている場所はWeb集客できるのか、どんな場所から集客できるのかを紹介します。

 

スポンサードリンク




 

なぜ見込み客が集まっている場所からWeb集客できるのか?

ブログやサイト、店舗ホームページを作成する人によって、それぞれ集客したい客層は異なります。そんな見込み客を集めるにはどうしたら良いのか。

 

その答えは、見込み客を含んだ多くの人が集まっている場所から集客する、です。

 

多くの人が集まっている場所であれば、あなたが集客したい見込客は必ずいます。集客したい見込客が必ずいる場所で、見込客に有益となる情報を投げかけることで、有益だと感じる人は興味を示してくれるのです。そして、有益な情報を投げかけ続けることで、あなたのブログやサイトにも興味を示し、読んでくれるようになるのです。

 

ただ、多くの人が集まっている場所には、非常識な情報を流す人も多くいるのが現実。拡散しやすさから集客しやすさも大きな特徴である反面、炎上しやすさも特徴である点、注意が必要です。

 

それでは、多くの人が集まっている場所とはどんなところでしょうか。次に多くの人が集まる場所について紹介します。

 

どんな場所からWeb集客できるのか?

多くの人が集まるWeb集約しやすい場所はどこでしょうか。良く知られている場所は以下です。

  • Twitter
  • Facebook
  • Youtube
  • アメブロ

 

それぞれの特徴を簡単に紹介しますね。

TwitterからWeb集客する

TwitterからWeb集客するには、Twitterの特徴を知る必要がありますよね。

 

Twitterの強みは、即時性と拡散しやすさ。気軽につぶやき、即時拡散できるSNSですね。でも、その反面、つぶやきはすぐに他のつぶやきにかき消され、投稿が見落とされやすく、また、140文字という文字制限もTwitterの弱みです。

 

Twitterでは、つぶやき頻度を増し、より見込客の目に留まるような工夫が必要となります。そして、Twitterからブログやサイトに誘導しましょう。

 

FacebookからWeb集客する

FacebookからWeb集客するには、Facebookの特徴を知る必要がありますよね。

 

Facebookの強みは、Twitter同様、即時性と拡散しやすさが特徴です。Twitterと違う点は、文字制限が無いため、見込客に向けた真剣なメッセージ・コミュニケーションが可能です。また、弱みもTwitter同様、投稿が見落とされやすい点です。

 

Facebookでは、より見込客の目に留まるようなメッセージを書き込み、興味をもってもらい、ブログやサイトに誘導しましょう。

 

YoutubeからWeb集客する

YoutubeからWeb集客するには、Youtubeの特徴を知る必要がありますよね。

 

Youtubeの強みは、動画であるが故に文字よりもメッセージ性が強い点、長期的に見て集客力につながる点は強みです。その反面、相互やりとりはしにくく、コミュニケーション性の無さが弱みです。

 

Youtubeでは、より見込客の目に留まるような動画量を投稿し、興味をもってもらい、ブログやサイトに誘導しましょう。

 

アメブロからWeb集客する

 

アメブロからWeb集客するには、アメブロの特徴を知る必要がありますよね。

 

アメブロとは、アメーバブログの略語です。つまり、ブログですね。なぜ、アメブロを特別視したかといいますと、利用者が多いから。

 

個人でサーバー契約し作成したブログは、ネットという大海原にポツンと投げ放たれた状態。でも、アメブロは、有名人も登録しているほど利用者が多く、アメーバ内での見込み客探しも可能なのです。

 

アメブロの強みは、検索エンジンからの集客もでき、かつ、情報をまとめやすく、メッセージ性も高いこと。その反面、検索されないと読まれないのは、ブログの特徴です。

 

メッセージ性の高い記事を書き、別サイトやブログへ誘導しましょう。

 

まとめ

見込客が集まっている場所からのWeb集客を上げる方法について、いかがだったでしょうか?

 

SNSや見込み客が集まる場所は、まだまだあります。

特徴を知り、あなたに合った見込み客の集め方を実践してみてください。