gyouretu

ブログやサイト、店舗のホームページの閲覧数を増やしたい!

店舗にもっと集客したい!

そんな悩みを持つあなたの手助けになればと、記事を書いてみました。

 

今回は、ブログやサイトの閲覧数、店舗への集客を増やしたいというあなたに試して頂きたい6つの集客法を紹介します。

 

スポンサードリンク




 

 

試してみたい6つの集客法とは?

さあ、早速6つの集客法を紹介しましょう。

  1. 検索エンジンからの集客
  2. 見込客が集まっている場所から集客
  3. 見込客を集める場所を作って集客
  4. 集客力のある会社・人に依頼して集客
  5. 口コミによる集客
  6. 無差別型広告による集客

次項より6つの集客法について詳しく説明します。

 

1.検索エンジンからの集客

6つの集客法のうちの1つ目は、検索エンジンからの集客です。

自身のブログやホームページを検索エンジン(Yahoo!、Googleなど)の検索結果に表示されることで集客する方法です。

ブログやサイト、ホームページを作成するなら重要な集客方法です。

 

また、検索エンジンからの集客でも、大きく分けて2種類あります。

  • SEO
  • リスティング広告

この2種類を状況に応じて使い分けることで検索エンジンから多くの集客が見込めます。

 

>>検索エンジンからの集客法について詳しく知りたい方はこちら!

 

2.見込客が集まっている場所から集客

6つの集客法のうちの2つ目は、見込客が集まっている場所からの集客です。

ネット上に集客したい見込客が集まっている場所は数多く存在します。

良く知られているものだと、

  • Twitter
  • Facebook
  • Youtube
  • アメブロ

など。

 

それら見込み客が集まる場所には、数百万以上の人たちが集まっています。

上記見込み客が集まる場所を活用し見込客を自身のブログやサイトに引き込むことで多くの集客が見込めます。

 

>>見込客が集まっている場所からの集客法について詳しく知りたい方はこちら!

 

3.見込客を集める場所を作って集客

6つの集客法のうちの3つ目は、見込客を集める場所を作って集客する方法です。

この集客方法は、見込客を集まっている場所を自ら作ってしまおうという集客方法です。

 

ネット上、ネット以外に限らずいろいろな場所が考えられます。

具体的には、

  • 見込客が集まるような面白いブログ、メルマガ運営
  • 見込客が使いたくなるツール・アプリ・サービスの提供
  • 見込客が集まりたくなるようなイベントの開催(ライブ、勉強会、体験会、有名人を呼ぶなど)

など。

 

見込客を集める場所は、アイデア次第です。

自身で商品を宣伝し放題ですし、好きなようにイベントを作り、開催できます。

 

どんな場所であれば見込み客が集まるか、そのコンセプト設計や構築、運営が重要。

規模を大きくすることができれば、非常に多くの集客が見込めますし、広告出稿者を募って広告料をもらうことにもつながります。

 

4.集客力のある会社・人に依頼して集客

6つの集客法のうちの4つ目は、集客力のある会社・人に依頼して集客してもらう方法です。

集客したい客層の顧客リストを持つ会社や、集客力を持つ人に依頼して自身のブログやサイト、店舗を紹介してもらう方法です。

いずれも依頼料や成約時の報酬が魅力的であれば、集客力のある会社・人の能力に応じて多くの集客が見込めます。

 

>>集客力のある会社・人に依頼して集客する方法について詳しく知りたい方はこちら!

 

5.口コミによる集客

6つの集客法のうちの5つ目は、口コミにより集客する方法です。

人は報酬の有無に限らず、いつでもどこでも何かの商品や店舗のうわさをしていますよね。

 

SNSの普及も重なり、口コミの重要性はますます高まっています。

意図的に口コミを発生させることは難しいですが、ある程度狙って口コミを発生させる方法もあります。

 

狙って口コミを発生させることができれば、低コストでも多くの見込客から注目を集めることができ、同時に多くの集客が見込めます。

 

>>口コミにより集客する方法について詳しく知りたい方はこちら!

 

6.無差別型広告による集客

6つの集客法のうちの最後の一つは、無差別型広告により集客する方法です。

ネットが普及する以前よりある集客方法です。

具体的には、

  • テレビ
  • 新聞
  • 雑誌
  • 看板
  • ポスター
  • ビラ配り
  • ポスティング

など。

ある程度は業種や地域を絞って集客はできますが、基本的には特定の客層に限らず、文字通り無差別型な集客方法です。

 

当然のことですが、ネットが普及している現代でも、この無差別型広告による影響力は衰えていません。

多くの人が集まるような場所や自身の店舗におけるポスターやビラ配りは有効です。

また、ネットをあまり使わない客層(高齢者など)にもアプローチできる集客方法です。

 

コストがかかる集客方法ですが、大量に露出・告知することで多くの見込客から注目を集めることができ、同時に多くの集客が見込めます。

 

集客法を使った具体的な実践例の紹介

 

6つの集客法を使った具体的な実践例を紹介します。

>>【編集中】6つの集客法を使った具体的な実践例はこちら!

 

集客に関するおすすめの学習商材の紹介

メルマガ、ブログ、LINE@、Facebookなど、利用するものには全て特徴があります

その使い方を誤るとどんなに時間を使い、お金をかけても集客にも売上にもつながりません。

 

また、これらメルマガやSNSを正しく使えれば、旅行や趣味に時間を使っていても収益を得られる、不労所得を得ることもできます。

 

インターネットで70億円以上を売り上げてきた情報発信のプロ「Catch the Webグループ」が情報発信の極意を教えてくれます。

 

「メルマガ・SNS情報発信の極意」で学べる内容の一部

  • 情報発信ができればビジネスで成功しやすい理由
  • なぜブロガーやYoutuberなどのインフルエンサーが次々と誕生しているのか?
  • なぜ儲かっている経営者は自分で情報発信をするのか?
  • 効果的な情報発信ができる7つのメディア
  • メルマガから自動的に商品が売れていく仕組みの作り方
  • 国内最大のSNSであるLINE@の7つの特徴
  • 情報発信と相性の良いFacebookの6つの特徴
  • 文字数は何文字がベスト?メルマガ、LINE@、Facebook、ブログそれぞれの正解は?
  • 効果的な文章作成の4ステップ

など

 

今からSNSを始めよう!そう考えているあなたは、一度公式ページをチェックしてみてください。

>>「メルマガ・SNS情報発信の極意」についての詳細はこちら

 

まとめ

今回は、自身のブログやサイトの閲覧数、店舗への集客を増やしたいというあなた向けに6つの集客法を紹介しました。

  1. 検索エンジンからの集客
  2. 見込客が集まっている場所から集客
  3. 見込客を集める場所を作って集客
  4. 集客力のある会社・人に依頼して集客
  5. 口コミによる集客
  6. 無差別型広告による集客

あなたがどのような客層やビジネスなのかにより有効な方法は異なります

ですが、どんなものでもこの6つの集客方法に集約されます。

 

有効だと思える集客方法を、できそうなものからチャレンジしてみてください。